Pocket

Print Friendly, PDF & Email

僕は九州デザイナー学院学生時代田中信明君はじめアニメーション科全員の知性が僕以下のように扱った。

実際彼等は大人が当然知らないといけない知識が無かった。

多分その時の罪滅ぼしの為に僕を罵倒する人々が周りに出るようになった。

僕を罵倒する人々はかなり必死で罵倒する。

だって僕を罵倒するあなた自身も分かっているように罵倒は劣等感の裏返しでしかないと言うのを本人が一番分かっているからだ。

アンチ幸福の科学にとって幸福の科学用語の、悪魔とか悪霊は和合僧破壊する人々に対する幸福の科学側の罵倒の言葉と受け取っているようだ。

で、和合僧破壊する人々を引き入れる為に欲得づくでアンチ幸福の科学は主エル・カンターレを罵倒する。

実はコレは岡目八目で僕には他人を罵倒するのは劣等感の裏返しと分かるので、アンチが物凄い劣等感の塊だと言うのが分かるのだ。

幸福の科学は和合僧破壊する人々を罵倒なんかしないし悪霊も悪魔も罵倒の言葉として使用している形跡は全く無い(^^)

他の宗教と一視同仁に見て欲しくない、と言いたい。

そうは言いつつ僕は幸福の科学を退会することを考えている。

理由は幸福の科学の支部が僕を拒絶して来たからだし僕が良いなと思った幸福の科学は方便の時代の幸福の科学で今の幸福の科学は僕が求めているものを何も与えてくれそうにない、或いは幸福の科学の支部は僕の受け皿になるつもりがないのが判明したからである。

幸福の科学の公式見解では霊言はあの世の存在証明で1つ1つの霊言が霊人各人の個性の違いを伝えている、としている。また幸福の科学の教えを学んだ人が素晴らしくならないとウソだとも言っている。

しかし僕は1998年からずっと支部信者や支部の各責任者と接して素晴らしい人格だと感じたのはごく僅かで却って僕は支部関係者から酷い目にあって来た(^^)

それから霊言は本の厚さだけは立派だが、中身はスカスカだとしか感じないし霊言1つ1つの霊人の個性の違いなんか全く分からない。みんな同じに見える。

だからそれらを根拠としてあの世も神様も虚妄、幻影だと言う結論に達した。

関谷氏の「虚業教団」と言うタイトルは幸福の科学の現実を知った人の考えた書名として言い得て妙じゃないかと思う。

幸福の科学は大義名分は立派だけど内実が伴っていないのではないかと思う。

霊言なんか何億冊出しても僕は神もあの世も否定する(^^)

統合失調症患者が訴える霊現象や幻視、幻聴は幻術体験ではないかと推測している。

根拠は宮崎駿さんの守護霊が幻術使いらしいと言う記述である。

どうも幸福の科学の支部って仲良しクラブを作りたいだけで僕みたいな人間には早く出て行って欲しいと、そう思っているようである。

2019/4/20 付記

感情的になって神もあの世も否定した。

僕は今一度生まれ変わらねばならない。限界突破せねばならない。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...